失敗しない退職代行のやり方│方法を教えます

仕事を辞めたいけど、辞められなくてお困りのあなた。

あなた
「辞める」なんて会社に言い出せない
会社から引き留めにあったらどうしよう
退職代行ってどういうサービスなの?

こんな疑問に答えます。

この記事の内容

失敗しない退職代行のやり方が分かります

この記事を書いている私は、毎年人が辞めていく職場に勤めているサラリーマン。優秀な先輩、同僚、後輩が去っていくのを見届けてきました

私の会社はブラック企業ではありません。むしろホワイト企業。

そこを辞めていく人の中には退職代行サービスを使っている人もいました。こうした経験に基づいているので信頼性があると思います。

てってぃ
退職代行サービスを使った同僚の経験を聞いた私が解説します。
あなたにすすめる退職代行サービス

汐留パートナーズ法律事務所
→残業代や未払い給料といった「金銭の請求」ができる業界最大手

安全退職ドットコム
→弁護士への相談が無料で、弁護士事務所なのにリーズナブル

男の退職代行
→転職のお祝い金として最大5万円のサポート有

失敗しない退職代行のやり方│方法

退職代行サービスとは

退職代行とは、あなたに替わって会社と退社の手続きを行ってくれるサービスです。 あなたが直接、会社と話すことをしなくて済むのがメリットです。

退職代行を依頼すれば、あなたは会社に行かずに退職できるといったサービスです。

退職代行サービスが有名になったのは2015年以降です。普及した背景には、転職者が増加したことや、ブラック企業の存在が世の中に広く知れ渡ったことがあります。

退職代行を使う人のお悩み以下の通り。

・転職で辞めると言って、先輩が強引な引き留めにあった

・上司が怖くて「仕事を辞める」なんて絶対言えない…

・うちの会社が簡単に辞めさせてくれるとは思えない…

もしあなたに当てはまるものがあるなら、サービスを使うことを考えてもいいかもしれません。

「会社を辞めたい」という人の心強い味方になってくれるのが退職代行サービスです。

失敗しない退職代行のやり方│方法

結論から言うと、あなたがやるべきは退職代行サービスに申し込むだけです。

しかし、申し込むにあたって整理しておいた方がよいことがあります。

なぜなら、退職代行サービスにすべてを丸投げして万が一、損をするのはあなただからです。

例えば

・有休の消化はどれくらいできるの?

・未払いの賃金があるか?

といった休暇やお金に関することです。

仕事は引き際が大事です。抜かりなくやりましょう。

あなた
退職を誰かに頼むなんて法律違反にならないの?

こんな疑問を持つ方もいると思います。

退職代行を利用すること自体は、直ちに会社に対する義務違反を構成するものではありません。

民法では、雇用期間の定めのない者は2週間前に退職を伝えれば、いつでも退職できるとあります。

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:民法627条

退職代行サービスから辞意を会社に伝え、その後最短で2週間経過したら会社を辞める。という流れになります。

退職代行のやり方で気を付ける点

業務の引継ぎは大丈夫?

退職代行サービスを使うこと自体は簡単です。

なぜなら申し込みだけで済んで、後はすべてをやってくれるから。

例えば最近はLINEで相談できるところも多いので、とても気楽に相談できます。しかし、業務の引継ぎは大丈夫でしょうか?

もし、あなたがだけにしかできない仕事があるなら要注意です。

残された同僚たちは大パニックを被り、業務が停滞します。会社が大きな被害を被った場合、損害請求に発展する可能性もゼロとはいえません

「仕事の引継ぎをしたくないから」ではダメ

退職代行サービスは手軽に使えるサービスだからこそ、安直に使うべきではありません。

なぜならこのサービスを本当に必要としている人は他にいるからです。

例えば「仕事の引継ぎが面倒」だからという理由で、3~5万円の費用を支払って退職代行サービスを使う必要はありません。

もっとこのサービスを必要としている人がいます。

あなた
仕事のことを考えると一睡もできない
会社を見ただけで体が震えてしまう…
仕事のことを考えると涙が出てくる…

こういう症状にあてはまるあなたは、引継ぎのことなんか考える必要はありません

あなたの身体ほど大切なものはありません。今すぐ退職代行サービスに申し込みましょう。

退職代行を使わないやり方が理想

「立つ鳥跡を濁さず」

理想は会社と直接話し合って円満に退職するのが1番です

なぜなら、そもそも退職するために数万円の費用をかけるというのは、言ってみれば異常な事態だから。

例えば、会社に辞めると伝えたときに、「退職時期をずらしてほしい」や「引き継ぎをしてほしい」とお願いされることもあります。

会社にしてみれば、仕事が滞ることが1番怖いからです。これを受け入れて、お互い納得できる形で解決できれば望ましいです。

もし会社側が

・いま退職することは認めない

・辞めるなら損害賠償を請求する

と強硬なことを言ってきても動じることはありません。こうした主張には法的根拠がないことがほとんどです

この段階で退職代行サービスに頼るのも遅くはないです。

円満退社が難しいときには退職代行サービスに頼ることをおすすめします。

あなたにすすめる退職代行サービス

汐留パートナーズ法律事務所
→残業代や未払い給料といった「金銭の請求」ができる業界最大手

安全退職ドットコム
→弁護士への相談が無料で、弁護士事務所なのにリーズナブル

男の退職代行
→転職のお祝い金として最大5万円のサポート有