仕事をサボるサラリーマンほど優秀な理由【サボリーマンがおすすめ】

スポンサーリンク




日々の仕事に忙殺されるサラリーマンのあなた。

あなた
なんで優秀な人ほど仕事をサボっているの?
自分も余裕をもって仕事したいな
どうすれば仕事をサボれるようになるんだろう?

こんな疑問に答えます。

この記事の内容

✔ 優秀なサラリーマンほど仕事をサボるサボリーマンである理由がわかります

仕事がきつくて消耗していませんか?

激務を続けているといずれあなたの体調が崩れます。手遅れになる前に仕事をサボりましょう。

この記事を書いている私は大手精密機器メーカーで働くエリートサラリーマン。

仕事をサッサと片付けて就業中に1.5時間は仕事をサボり、自分の資産になることに時間を充てています。

この経験に基づくので信頼性があると思います。

スマホのゲームをするみたいなサボり方は推奨していません

仕事をサボるサラリーマンほど優秀な理由

なぜ仕事をサボるサラリーマンは優秀なのでしょうか。

それには2つの理由があります。

無理なく継続的に成果を出し続けられるから

仕事をサボると仕事の効率が上がります。

なぜなら適度に力を抜くと、心にゆとりを持て仕事の質がアップするからです。

実際に脳科学の分野からもこの意見は支持されています。

たとえ仕事の時間を削ってでも、心にゆとりの時間を与えることで、仕事のクオリティは格段にアップします。

茂木健一郎(2016),『脳を最高に活かせる人の朝時間』,河出書房新社.
あなた
仕事が忙し過ぎて心にゆとりなんて持てないよ…

という意見もあると思います。

忙しいときほどサボることが大切

私が生産装置の設計の仕事で出図間近の繁忙期を迎えていた時、時間が経つのがとても早かったです。

この時は心にゆとりがなく、能力ギリギリの状態です。

こうなると仕事のミスは増えるし、身を削ってるので疲弊します。

こういう時こそ意図的に仕事をサボることを心がけましょう。私は繁忙期でも私は30分ほどは意図的に息抜きの時間をとっています。

こうすると集中力がアップして、仕事の効率を上げることができます。

サラリーマンの給料は成果によらず一定だから

優秀なサラリーマンほど投資対効果を意識します。

なぜなら優秀な人ほど限られたリソースをどのように使うかを常に考えているから

例えば、サラリーマンのリソースとは労働時間です。つまり少ない労働時間でどれだけの成果=給料をあげるかが投資対効果といえます。

簡単に言えば働かなくても給料がもらえる

あなたが1億円の売上を取る営業でも1円の売上にも貢献しない企画の仕事でも、どちらも給料は同じです。

つまりサラリーマンの成果は会社に吸い上げられて、あなたに還元されることはありません。

働かずにそこそこの成果を出して、一定の給料をもらう。これが賢いサラリーマン=サボリーマンのやるべきことです。

あなた
でも残業して給料を増やすのも大切じゃない?

という意見もあると思います。

でも残業はあなたの時間を切り売りしているだけで、あなたの資産にはなりません

サラリーマンはいるだけで給料がもらえる最強の仕事です。この強みを利用しない手はありません。

あなたの時間を切売りするのではなく、いかにサボって=何もしないで給料をもらえるかを考えましょう。

私も昔は「会社のため」に一生懸命に仕事をしていました。社畜になるのではなく、「あなたのため」に努力することをしましょう。

サボリーマンになるための条件

最低限の仕事をきっちり終わらせる

まずはあなたに割り振られた仕事をきっちり終わらせましょう。

定められた時間ぴったりで、という意味です。

なぜなら早く仕事を終わらせてしまうと、新しい仕事を上司から捻じ込まれるからです。

例えば私は期日のある仕事は定時の1時間前に終わらせるようにしています。

あなた
自分ならもっと早くその仕事を片付けられる!

と意気込む人もいると思います。

上司にとって仕事が早い優秀な部下ほどありがたいものはありません。特に仕事がデキる人に仕事が集まるのも事実です。

しかし、あなたがどれだけ会社に貢献しても給料は他の人と一緒です。

社畜脳の思考プロセス

社畜の脳みそに慣れてしまうと

自分のどんどん仕事が集まる
    ↓
上司に評価されている
    ↓
「やったー」もっと会社のために頑張ろう

という思考になりがちです。私もそうでした。

でも一歩引いた目線で考えてみましょう。同じ給料で労働する時間が伸びればコストパフォーマンスがどんどん悪くなります。

労働する時間を短くして、就業時間であっても自己投資する時間に充てる。これが正解です。

周りの目を気にしない

サボリーマンになるには周囲の目を気にしないことが重要です。

なぜならあなたの周りは普通のサラリーマン。社畜の脳みそでせっせと働くことを良しとしているからです。

例えば私は定時になるとすぐに席を経ちます。周囲から「定時になるとすぐに帰る人」と認識されています。

30歳のサラリーマンならガシガシ働いて当然ですが、私は仕事ではなく副業に時間を充てています

あなた
上司からの評価が下がるんじゃないか心配

という不安もあると思います。

あなたが定時になってもすぐ帰れないような会社に勤めていたら問題です。そんな2流企業は辞めましょう

それでも定時帰りが気になるなら

それでも気になるなら、周囲にあなたのプライベートの状況を伝えておくことです。例えば

・ビジネススクールの課題をやらなければいけない

・奥さんが出産を控えているので家事を手伝う必要がある

・子供を保育園に迎えに行かなくては行けない

こう言っておけばOKですよ。

仕事をサボる方法【サボリーマン実践のおすすめ】

サボる目安は就業時間の20%

あなたがサボるべき時間は就業時間の20%です。勤務時間8時間なら1.6時間ですね。

なぜ20%かというとGoogleが提唱する20%ルールに根拠があります。

これは業務時間の内の20%を「普段の業務とは異なる」業務にあてて良いという制度です。Googleでは新規事業立案にあてているようです。実際にGmailやGoogleマップといったサービスはこの制度によって生み出されてきました。

この様に新規事業を創る際にはこうした業務とは関係ない時間を意図的に作ることが重要です。

興味のある方はHow Google Worksを読んで深堀してみてください。

この20%を生み出すための手段は2つあります。

手段①:徹底的に無駄を排除する

あなたの仕事から無駄なことを排除しましょう。

なぜならサボリーマンの仕事は無駄なことで溢れています。例えばこんな感じ。

・あなたが出席しなくていい会議は代役を立てる

・単純作業なら後輩に仕事を振る

・他部門の合意が必要なら上司に動いてもらう

企画の仕事をしている私は、デスクワークが多いです。特に報告資料の作成のボリュームが多いです。

資料作成のスピードを上げたいならこちらの本がおすすめです。当然、この勉強も仕事をサボって就業時間でやりましょう

手段②:タイムマネジメントする

あなたは限られた時間で成果を出さなくてはいけません。そのためにはタイムマネジメントが必須です。

なぜなら仕事が遅れれば、それだけあなたのコストパフォーマンスが低下するから。

例えば、あなたの就業時間が8時間とすると。仕事サボるのが 20%の1.6時間。つまり、6.4時間で仕事を片付けなければいけません

そして、1.6時間しっかりサボりましょう。

あなた
タイムマネジメントなんて難しそうでわからない

心配する人もいると思います。やり方は簡単です。

・その日済ませる仕事を書きだし、時間を決める

・予定通り進んでいるかチェックして管理する

・全部消し込めたら仕事をサボりましょう

コツは仕事を書きだす時点で無駄な仕事を省くこと

私が実際に使っている手帳術はコチラで紹介しています。

スケジュール管理の失敗例

余談として失敗例を紹介します。

スマホ で仕事のスケジュール管理をしている人がいますがオススメしません。

会社のパソコンにもスケジュールを記入して、スマホにもスケジュールを記入する。付加価値ゼロを作業を2回もやる。こんな無駄はありません。

即刻やめましょう。

サボる時間でサボリーマンは何をすればいい

結論は副業しましょう。または副業につながる自己啓発をしましょう。

サボる時間でスマホゲームをしたりするのはおすすめしません。あなたの資産になることに時間を費やしましょう

副業で稼げるようになろう

サボリーマンの給料はなかなか上がりません。

定時上がりだと生活に余裕がないので、まずは副業で5万円稼げるようになりましょう。

まとめ

仕事をサボるにあなたの生産性を上げることが大切です。

目標は1日の仕事時間の20%。

捻出した時間は自己投資のために使いましょう。私は毎日1.5時間、仕事をしながら自己投資にあてています。

今の仕事が忙し過ぎて自分には無理!と叫びたいと思ったあなた。そんなあなたは仕事を変えることから始めましょう。

楽な仕事をしながら副業で稼ぐ。これが今の時代を生き抜くメソッドです。

おすすめ転職エージェント第3位
安心の業界1位!リクルートエージェント

・大手から中堅までの手堅い求人
・無料の診断ツールが優秀過ぎる

大手企業に転職するなら登録して損はない

おすすめ転職エージェント第2位
手厚いサポートが受けられるdoda

・ベンチャー企業にもリーチできる
・厳選した求人が届く

始めての転職に不安なあなた向け

おすすめ転職エージェント第1位
マイナビものづくりエージェント

・大手で唯一ものづくりエンジニアに特化
・20代の転職に特に強い

製造業でキャリアアップするならココ