TOEICの超初心者向けの勉強法【2か月で成果を出す】

スポンサーリンク




TOEICですぐに成果を出したいあなた。

あなた
海外赴任のためにすぐにTOEICスコアが必要
でもTOEICやったことがない超初心者…
2か月くらいで成果が出る勉強法ってないかな

こんな疑問に答えます。

この記事を読むと短期間でTOEICのスコアを伸ばす方法がわかります。

結論:2か月でTOEICスコアを伸ばすには、問題集に慣れて耳を鍛える。もしくはプロに頼む。

てってぃ
TOEICのスコアを300点伸ばした私が解説します。

TOEIC超初心者がやるべきこと

まずは問題集を開く

TOEIC超初心者がやるべきことは問題集を解くことです。

なぜならあなたの実力を知らなければ対策が打てないからです。苦手なのはリーディングなのかリスニングなのか?足りないのは文法なのか単語なのか?そこを知りましょう。

いきなりTOEICを受検するのも手です。時間配分や会場の雰囲気に慣れるためには有効な手段です。

結果を分析する

平均点に対してあなたはどの位置にいますか?ちなみに平均点は以下の通り。

TOEIC全体の平均点:580点

学生の平均点:562点

社会人の平均点:607点

私は大学1年生のときに受検したTOEICの結果は平均を下回っていました。たった本気で3か月勉強して800点を取ることができました。

なにも私が特別だったわけではありません。結果を分析して、弱みを克服した。やったのはたったこれだけです。

再現性のある方法はリスニングの強化です。

なぜなら日本ではリーディングの勉強ばかりしてきて、リスニングの勉強が皆無だからです。

逆にちょっと勉強すれば伸びしろが大きいのがリスニングといえます。

2か月で成果を出すTOEIC勉強法①

コツコツ積み上げられる人向け

ネイティブの英語の会話の速度になれましょう。これだけでスコアが爆伸びします。

なぜなら、ネイティブの速度に耳が慣れていると、TOEICのリスニングの速度が笑っちゃうほどゆっくりに感じるからです。

例えば私は1か月、英語のニュースを1日30分聞きました。たったこれだけでTOEICのリスニングのスコアが165点伸びました

BBC News アプリです。リアルタイムのBBC Newsをスマホで無料で聞けます。私は通勤中に聞いて、耳を鍛えています

大事なことは集中して聞くこと。これだけで格段に鍛えられます。

TOEICの実践テクニック

耳がネイティブのスピードに慣れていると、TOEICの試験で時間に余裕ができます。

リスニングパートで次の設問に目を通すことができ、どんどん時間が余っていきしっかり考えた上で回答することができますよ。

「そんなのルール違反だ」とか「見つかったらどうする?」と思う人もいますよね。

大丈夫です。私が受験した5回のうち、試験官から指摘されるようなことはありませんでしたよ。要はスコアを取れば手段は何でもいいんです。

結局、評価されるのは最後の結果です。

自分でコツコツ積み上げられる人は、問題集でしっかり形式に慣れることが2か月で成果を出すポイントです。

2か月で成果を出すTOEIC勉強法②

自分だけで勉強できない人向け

意思が弱くて勉強できないあなたは、思い切った自己投資がおすすめです。

なぜなら、一度獲得したTOEICのスコアはずーっと使えるから。このご利益は莫大で自己投資した時間とお金はすぐに回収できます。

例えば私は大学1年のときにTOEIC800点を取りました。おかげで在学中の英語の授業は全て免除でした。

さらに入社した1年目ではTOEIC830点を取りました。9年経っても周囲からは英語ができるやつとしてチヤホヤされます。

「スコアだけ持ってても仕事で実践しなかったら意味ないよ」という意見もありますよね。

でもTOEICのスコアを持っていないと仕事が回って来ないのも事実です。

私は英語の能力が評価されて、私の会社が買収したオランダの会社の赤字を救うプロジェクトにアサインされました。しかも仕事での英語の実践経験はゼロで。

要は一度でもTOEICで高いスコアを取れば周りからは「英語ができるヤツ」として認識してもらえるのです。

具体的な自己投資先

覚悟を決めたあなたにはライザップイングリッシュがおすすめです。

2か月でTOEICスコアを劇的に変えるをコミットとしているので、短期間で成果を求める人に持ってこいです

私も1回無料のレッスンを体験しました。講師のやる気にとても刺激されて、教材以上の価値があると確信しました。

全額返金保証もあるので、まずは無料レッスンを受けてみるのをおすすめします。

お試しを。