Lenovoのトラックポイントの使い方【おさえておくべきたった1つのコツ】

Lenovoのトラックポイントの使い方でお悩みのあなた

あなた
トラックポイントを使ってみたい!
なんで人気なんだろう?
トラックポイントを使うコツがあれば知りたいな!

こんな疑問に答えます。

この記事の内容

✔ トラックポイントを使うコツは手首を机に密着させること

Lenovoのトラックポイントを使いこなせていますか?

正しいトラックポイントの使い方をしないと、 仕事の効率が下がって損をする可能性があります。

この記事を最後まで読むと、あなたの仕事の生産性が2%上がり残業ゼロを実現できますよ。

てってぃ
トラックポイントのキーボードを2年以上使い残業ゼロを達成した私が解説します

私が使っているキーボードはこちら。

Lenovoのトラックポイントの使い方

Lenovoのトラックポイントとは?

誰もが一度は見たことがあるキーボードについた赤いポチ。

「なんだこれ?」「何に使うんだ?」と思った人が多いと思います。

これがトラックポイントです。

使い方は簡単。人差し指で操作するだけ。これでマウスが不要になります。

外資系コンサルタントではLenovoが必須

Lenovoのトラックポイントは外資系コンサルタントは必須のアイテムです。

なぜなら彼らは資料作成のために徹底的に無駄を排除するから。

例えばキーボードとマウスの間を手が行き来する動作。

これも無駄です。

この動作の無駄を無くすのがトラックポイントです。

トラックポイントを使うだけで一目置かれる

職場やカフェでLenovoのトラックポイントを使っている人を見ると、「仕事が早い人!」という印象を与えられます

あなた
会社じゃ支給されたキーボードしか使えない

と勘違いしている人もいます。

私は自費でトラックポイント付きのキーボードを購入して会社で使っています。

2年以上使っていますが、上司からは「キーボード小さいね!」としか言われたことはありません。

トラックポイントを使い方の問題点

細かいマウスの位置が合わせずらい

トラックポイントを使い始めた人は「使いずらいなぁ」と感じる人がいると思います。

なぜなら細かいマウス操作がしずらく、カーソルの位置を合わせずらいという問題に直面するから。

例えばウィンドウを閉じる×ボタンにカーソルを合わせようとして、行き過ぎてしまった。

という経験。

使いずらい理由は○○○ だから

あなた
使いづらいならわざわざトラックポイントなんて使う意味あるの?

と思う人もいますよね。

でも大丈夫。なぜ使いずらい理由をちゃんと抑えれば使い勝手は格段に良くなります。

使いずらい理由はずばり指先だけでトラックポイントを操ろうとしているから。

正しい使い方を教わったことがないから当然ですよね。

トラックポイントを使い方のコツ

手首を机にしっかり密着させる

トラックポイントを操る際は手首を机に密着させること。

たったこれだけでカーソルを位置を合わせる精度が格段に上がります。

なぜならこうすると手が安定して、指先が無意識に暴れることがないから。

手首は机に密着させる

言われてみれば当然のことなのですが、手首を密着させないで使用している人が多いです。

知らなくて当然ですよね。正しいトラックポイントの使い方なんて教わったことがないのですから。

私は2年以上トラックポイントを使う経験のなかでこのやり方を発見しました。

外資系コンサルタントで働いている友人と話すと同じ手法を取っており、正しいことを確認済みです。

仕事の生産性が2%向上する

トラックポイントの着いたキーボードを使うとあなたの仕事の生産性が2%向上します。

なぜならマウスを無くすことにより、キーボードとマウスの間の無駄な移動を排除できることができるから。

特に威力を発揮するのがパワーポイントで資料を作成するときです。

パワーポイントではマウスを触る頻度が高く、無駄な動作を無くすだけで資料を作る速度が10%アップします。

あなた
実はパワポで資料作るの苦手なんだよね…

と思う人もいますよね。

私も昔、資料作成に苦手意識を持っていました。

パワーポイントを開く前にある事をするようになり、今では経営戦略会議の資料をサクサク作れるようになりました。

まとめ

Lenovoのトラックポイントを使うコツ手首をしっかりと机に密着させて使うこと。

たったこれだけで操作の精度が上がり仕事の生産性は2%向上します。

トラックポイントの使い方がわったので、次は「実際に使ってみたいな!」と思いましたよね。

特にブルートゥースのキーボードは 人気で在庫があればラッキーです。

買い逃しがないように。

あなたの才能に気づいてる?
「自分に向いてる仕事」の見つけ方

・これが本当に自分に向いている仕事?
・もっと活躍できる場所があるのでは?
・自分がポンコツだからダメなんだ…

こんな悩みを持つあなたに
才能に気づき、向いている仕事の
見つけ方をお伝えします