リクルートエージェントで面談無しはお断り?【機会損失を避ける方法】

スポンサーリンク




あなた
リクルートエージェント登録したい!
面談がないことあるって本当?
その理由が知りたいな!

こんな疑問に答えます。

この記事の内容

✔ リクルートエージェントで面談が無い場合の対策がわかります

リクルートエージェントは業界最大手の転職エージェントです。

しかし、人によってはサービスを利用できない可能性があります。

サービスが利用できないと転職活動が滞りあなたにとって損になります。

是非この記事を最後まで読んで、安心して転職活動を始めて下さい。

てってぃ
リクルートエージェントで転職活動をした経験を持つ私が解説します

リクルートエージェントに登録したけど「面談なし」の真実

もしあなたがリクナビエージェントに登録して、以下のメールが届いたら“ お断り ”とみて間違いないです。

紹介できる求人案件の該当が現時点でないため面談はありません。紹介できる案件が出てきたらまた連絡します。

「面談なし」というメールが届く理由は以下の通り。

1.転職回数が多すぎる
2.在籍期間が短すぎる
3.年収が低すぎる
4.40代以上で年収、職務経験が乏しい
5.特殊な職歴(郵便局員・自衛隊・など)

いずれかに該当する人はお断りを受ける可能性があります。

連絡内容でサポートの質が分かる

登録後にもらう連絡内容によってあなたが受けられるサポートの質は予想できます。

なぜならリクナビエージェントの担当者の本気度によって、最初の連絡で指定される面談場所が異なるからです。

ほとんどの人は、リクナビエージェントの会社内の面談ブースで面談が行われます。

てってぃ
「面談してやるから来い」のスタンスですね

リクルートエージェントがもっとも本気になっているときは、ホテルや喫茶店で面談を行います。

そして、電話面談をすすめられるようなら優先順位が最下位ということです。あまり期待しない方がいいです。

てってぃ
地方などで電話面談しかない場合は除きます

リクルートエージェントで「面談なし」になる理由

あなた
せっかく登録しても断るなんてひど過ぎない?

と思う人もいますよね。

残念ながら、転職エージェントは採用してもらえる可能性の高い人から優先的に支援します。

その理由は以下の通りです。

成功報酬の仕組みだから

3か月の時間制限があるから

公表されない登録基準あるから

順番に解説していきます。

成功報酬の仕組みだから

転職エージェントは支援する人の優先順位をつけます。

なぜならそうしないと自分たちの収益につながらないから。

例えば転職エージェントは転職が成立すると転職者の年収の3割を報酬として受け取れます

つまり年収の高い人が転職するほど、自分たちの儲けは大きくなります。

3か月の時間制限があるから

キャリアアドバイザーは厳しい条件下であなたの支援をします。

なぜなら、支援期間は登録者一人あたり3か月という制限があるから。

キャリアアドバイザーは莫大な求人の中から、登録者に合う求人を見極める必要があります。

リクルートエージェントは求人数の多さゆえに、登録者の数も相当多いです。

公表されない登録基準あるから

リクナビエージェントへの登録基準はTOEIC700点以上、年収500万円以上が目安と言われています。

最終的には職歴などを含めて総合的に判断されますが、頭に入れておいて損はありません。

リクナビエージェントの「面談なし」を避ける対策

結論から言うと、リクナビエージェントの担当者に「この人に会ってみたい」と思わせるのがポイントです。

登録時の職務履歴書を適当に書く人がいますが、これは危ないです。

大手企業やスキルに自信がある人いいですが、転職回数が多かったり在籍期間が短い人は注意が必要です。

あなた
具体的にどうすればいいの?

次の2点に気をつければOKです。

経験は具体的に書く

ちょっとした経験でもあなたのアピールポイントにしてしまい、申込時にできるだけ詳しく記入しましょう。

「面倒だから」と手を抜いて職務履歴書を書いてしまうと、あなたが損する可能性が高くなります

役割をはたすために、あなたがどのような努力をしてその結果、効果がどれくらい出たのかを明記すればOKです。

てってぃ
部門で達成した数値を書けば立派な成果にできます

条件は緩めに書く

転職の希望条件も緩めに設定しましょう。

なぜなら紹介される求人が多くなるから。

例えば希望年収も低めに設定しましょう。

てってぃ
私は600万円以上を提示したのに350万円の求人を紹介されました

ぶっちゃけ、求人を紹介されるときはそれほど希望年収なんて考慮されません。

\ 転職者の8割が使ってる /

リクルートエージェントの公式ホームページ

リクナビエージェントの「面談なし」を回避しよう

リクナビエージェントに登録すると「面談なし」つまりお断りされることがあります。

しかし、あなたの経験を具体的に書くだけどでこの人に会ってみたい」と思わせることができます。

面談なしを回避する方法がわかったので次は「リクルートエージェントの評判が知りたいな!」と思いましたよね?

別の記事で絶対に知っておくべきリクルートエージェントの評判や口コミを紹介しています。

是非ごらん下さい。