JACリクルートメントはすごい学歴が必要【考えれば当然です】

あなた
JACリクルートメントは学歴が必要?
外資系にチャレンジしてみたい!
必要な条件があれば知りたいな!

こんな疑問に答えます。

この記事の内容

✔ JACリクルートメントには学歴が必要か分かります

JACリクルートメントは年収600万円以上のハイクラス向けの求人を取り扱う転職エージェントです。

「自分には学歴がないから…」と諦めていると、給料アップのチャンス逃す機会損失につながります。

是非この記事を最後まで読んで、新しいキャリアに挑戦しましょう。

てってぃ
エンジニアとして転職した経験を持つ私が解説します

\ ハイクラス・外資系の転職なら /

【公式】JAC リクルートメント ホームページ

JACリクルートメントは学歴が必要?

結論から言うと、JACリクルートメントを使うには学歴は不要です。

なぜなら、学歴がある=仕事が優秀とは限らないから。

例えば私は慶應義塾大学を卒業しました。

学歴はある部類ですがデキる人間からそうでない人間まで混ざっています。

今どき学歴だけで判断するようならそんな転職エージェントは使わない方がいいです。

あなた
学歴があるからそんなこと言えるんでしょ?

と思う人もいると思います。

学歴を得るまでの過程は評価される

実は私は慶應義塾大学には二年次編入しました。

受験に失敗して千葉大学に入学、3か月でTOEICを500から800に伸ばしたことが評価されて編入学することができました。

大学1年生のときの努力は誰にも負けない自負しています。

転職でも評価されるのは学歴ではなく過程

転職でも同じことが言えます。

JACリクルートメントはハイクラスの求人を専門に扱うエージェントです。

見られているのは学歴ではなく、今までどの様な過程で仕事をしてきたかです。

JACリクルートメントは低学歴でも登録できる

従って「自分には学歴がないから…」と登録をためらっているあなたは、給料アップの機会を見逃して損をしています。

なぜなら、キャリアップするチャンスを自分から諦めているから。

例えば私の高専卒の後輩は、学歴はなくても仕事はできます。

生産現場の無駄を数値化した原価計算シミュレーションを開発して、 新しい課題を明らかにしました。

ハイクラスの求人に挑戦しよう

転職で大切なのは学歴よりあなたの仕事の実績です。

低学歴だからと言ってJACリクルートメントを諦めるとあなたが損をします。

転職するならハイクラスの求人にも挑戦してみましょう。

\ ハイクラス・外資系の求人なら /

【公式】JAC リクルートメント ホームページ

JACリクルートメントは学歴より実力重視

JACリクルートメントで転職するときに重視されるのは学歴ではなく実力です。

実力とは、あなたがどの様に仕事に取り組んでどんな成果を出したのか。

職務履歴書にはこうした内容を書けばOKです。

あなた
自慢できる仕事の成果なんてないよ…

と思う人もいますよね。

JACリクルートメントに評価される実力の書き方

結論から言うと、組織の成果を使えばOKです。

なぜならあなたの仕事の役割は、必ず組織の成果に紐づいているから。

例えば、あなたが営業の仕事をしているなら

・組織の成果→関東エリアの売上10%向上

・仕事の役割→競合他社の強いエリアに粘り強く営業をかけてシェアを奪還

こんな感じ。

部や課の組織で上げた成果を自分の役割と絡めれば立派な職務履歴書が書けますよ。

JACリクルートメントは学歴ではなく、こうした仕事の実力が評価されます。

JACリクルートメントの求人に関する注意点

JACリクルートメントで転職するときに知っておきたいことが2つあります。

経験やスキルのない人には求人が紹介されない

成果主義型の外資系企業が多い   

詳しく解説します。

経験やスキルのない人には求人が紹介されない

たとえ立派な学歴があっても、実力がないと求人を紹介してもらえません。

なぜなら実力がない人材を紹介するとJACリクルートメントの評価が下がるから。

東京大学を卒業しただけでは使い物にはなりません。

高専卒の後輩の方の様に、使える経験やスキルを持っていないと求人は紹介されません。

成果主義型の外資系企業が多い

JACリクルートメントは外資系・グローバル企業に強みを持つ転職エージェントです。

外資系は成果主義の企業が多く、中途採用では学歴ではなく実力が優先されます。

つまり、 JACリクルートメントは低い学歴であっても実力さえあれば、新しいキャリアに挑戦できる転職エージェントなのです。

てってぃ
エンジニアとして転職した経験を持つ私が解説します

\ ハイクラス・外資系の転職なら /

【公式】JAC リクルートメント ホームページ

JACリクルートメントで高学歴が有利になるケース

あなた
せっかく学歴があっても得することないのか…

と思う人もいますよね。

以下の様に高学歴なことが転職で有利になるケースもあります。

第二新卒のケース

一部の大企業のケース   

第二新卒のケース

第二新卒者や20代の転職希望者はJACリクルートメントに限らず、学歴で得することがあります。

なぜならキャリアが短く、スキルや経験が少ないから。

学歴は地頭の良さや頭の回転をみる指標になるので、若い年代の転職活動では高学歴者の方が有利です。

一部の大企業のケース

古い体質の大企業では中途採用でも学歴を重視するところがあります。

なぜなら高学歴者の方が人事評価が上がるなど長年の慣行があるから。

JACリクルートメントの保有する求人にも学歴重視の企業がありますが、学歴が低い人には紹介されません。

一方、即戦力人材に向けた求人も多いため、学歴が低いのであれば実力を重視する会社を狙っていきましょう。

学歴を重視する会社の見分け方

会社の経営者の経歴を見れば、学歴を重視する会社かどうか分かります。

高学歴の人ばかりが役員に登用している会社なら、学歴を重視する会社です。

例えば銀行ですね。日経新聞を見れば書いてありますよ。

私が転職で応募したエアラインは、学歴よりも実力を重視する会社でした。

\ ハイクラス・外資系の転職なら /

【公式】JAC リクルートメント ホームページ

JACリクルートメントは学歴が必要│まとめ

JACリクルートメントを使うのに学歴は不要です。

必要なのは胸を張れる仕事の実績です。専門用語を並べるのではなく、具体的な数値を使って表現するのがポイントです。

JACリクルートメントに学歴が必要か分かったので、次は「登録して面談を受けてみようかな!」と思いましたよね。

JACリクルートメントは利用者の94.5%が「知人・友人に紹介したい」と回答する満足度の高い転職エージェントです。

今すぐ登録しましょう。

\ ハイクラス・外資系の転職なら /

【公式】JAC リクルートメント ホームページ