ジャランスリワヤ(Jalan Sriwijaya)5年履いた経年変化をレビューするよ

足元には常に気を使いたいお洒落なあなた。

「ジャランスリワヤが良いってきいた」

「実際に履いている人のレビューを聞きたい」

「革の経年変化の様子も知りたいな」

こんな疑問に答えます。

本記事の結論

この記事を読むとジャランスリワヤを5年履き続けたレビューがわかります。

経年変化の様子や5年履いてきて見えてきたジャランスリワヤの欠点もわかります。

本記事の信頼性

この記事を書いている私は革靴に目がないエリートサラリーマン。2足あるジャランスリワヤは長いもので5年以上履いています

こうした経験に基づいているので信頼性があると思います。

注意事項: 本記事のジャランスリワヤの欠点は全ての商品にはおこる現象ではありません。ごく稀に発生するケースとご理解ください。

5年履いてるジャランスリワヤ

ジャランスリワヤのおさらい

ジャランスリワヤといえばコスパに優れる革靴として有名ですね。

なぜならインドネシアで生産して、コストを抑えられているから。

「6万円の価値に相当する革靴を3万円台で買える」として評判です。

実際、靴好きの私から見ても、縫い目の美しさ、革の品質、コルクの沈み込みどの点を取っても優れた良い革靴だと言えます。

5年履いているジャランスリワヤ

私が購入したのはビジネスパートナーが必ず持っておくべき1足です。

すなわち黒色・内羽根・プレーントゥー

最もフォーマルな革靴です。もしまだ持っていないという方は必ずワードローブに揃えましょう。

実際に私が履いているジャランスリワヤがこちらです。

いかがでしょう。美しくないですか?

経年変化・・・!?ジャランスリワヤの異常事態

経年変化のレビュー

革の経年変化

カーフの経年変化は良好です。

折りじわも美しく入っており、ヒビやワレといった状況もありません。

私は2~3か月おきに靴は磨いています。

当初は自分で磨いていましたが、今は全て千葉スペシャルにお願いしています。

ソールの経年変化

踵の削れは年1回の頻度で変えているので良好です。

交換には3000円ほどのコストがかかりますが、必要経費と捉えています。

一方、先端部のソールは消耗が認められます。

ジャランスリワヤに異常事態

そんなジャランスリワヤに1年ほど前から異常事態が発生しています。

それがこちら。

コバの部分に茶色の粉が付着しています。

「あれ、どこで汚れたんだろう?」と思い、ブラシで除去していました。

しかし、履いているとまたこの茶色の粉が付着しています。しかも左足だけ。

きれいにしてもきれいにしても、また発生する茶色の粉。

気持ち悪いと思いながらもしばらく履いていました。

見えてきたジャランスリワヤの欠点

茶色の粉の正体

2~3か月経過しても茶色の粉は発生しています。

正体を知りたいと思い、ジャランスリワヤのサポート窓口に問い合わせました。

その回答がこちら。

サポート窓口からのメール

茶色の粉の正体は靴底に使用されているコルクでした。

原因は保管環境の急激な温度変化によるコルクの乾燥とあります。

ただ、保管環境にその様な変化があったかと言われると、思い当たるような原因はありません。

ジャランスリワヤの欠点

今回、明らかになったジャランスリワヤの欠点があります。

それは修理費が高いこと。

私のジャランスリワヤはレザーソールなので、交換には22,680円かかります。

新品が3万円代で買えるのに、この修理費は高すぎです。

国内に修理工場がなく、インドネシアの工場で対応する必要があるからでしょうか…。

まとめ

修理費が高くてこの現象は完治していません。今は履く度にブラッシングすることで対応しています。

安く修理できるところが見つかったら直すつもりです。

これは稀に起こる現象の様ですが、総じてジャランスリワヤは買う価値ありだと言えます。

まだ買ったことがないあなたはぜひお試しを。