ベビーパークのフランチャイズで失敗しないたった1つのコツ

スポンサーリンク




あなた
ベビーパークってどんなサービス?
フランチャイズ制度もあるみたい…!
失敗しないコツがあれば知りたいな!

こんな疑問に答えます。

この記事の内容

✔ ベビーパークのフランチャイズで失敗しないコツがわかります

自分でビジネスをしたいと思いませんか?

ゼロから起業をするのは失敗するリスクが高く、うまくいかないと借金を抱える可能性もあります。

ベビーパークなら失敗するリスクを下げて自分の事業を作れます。

ぜひこの記事を最後まで読んで自分の事業を作る一歩を踏み出しましょう。

>>>ベビーパークを詳しく見る

ベビーパークのフランチャイズが注目される訳

ベビーパークは乳幼児と母親を対象とした親子教室です。

乳幼児の教育を頑張りたいママ向けのサービスで、株式会社TOEZが運営しています。

三つ子の魂百まで

有名なことわざである「三つ子魂百まで」はご存じですよね。

幼い頃に体得した性格はいくら年をとっても変わらないという意味です。

3歳までに脳の80%は完成する

乳児期の教育が重要なのには根拠があります。

福岡教育大学の研究でも

3歳くらいまでの子どもの学習と経験、教育と環境条件が子どもの脳の発達を特徴づけていく

子どもの脳と発達 (福岡教育大学)

乳幼児の時期の教育が重要視され、ベビーパークのような赤ちゃん向けの教育サービスの需要が高まっているのです。

ベビーパークのプログラムと料金

ベビーパークには年齢に応じて5つのプログラムがあります。

・Aクラス :0歳2ヶ月~8ヶ月

・Bクラス :0歳9ヶ月~1歳3ヶ月

・Cクラス :1歳4ヶ月~1歳10ヶ月

・Dクラス :1歳11ヶ月~2歳5ヶ月

・Eクラス :2歳6ヶ月~3歳

わたしにもCクラスに当たる子どもがいますが、

こんなに細かくプログラムが分かれていて驚きました。

自分でミカンをむいて食べられるようになる

Cクラスのプログラムを受けると

「ミカンの皮を自分で向いて食べられるようになる」

とか…!

私の子どもはかろうじてスプーンを使えるくらい。

レッスンを受けることでそこまで上達するの!?と驚きました。

理解できる言葉の目安

一般的にCクラスの月齢で理解できる言葉の数は100~250語と言われています。

レッスンが進むと250~500語が理解

ちなみにうちの子どもはCクラスにあたるけど、

理解できるのはまだ10~20語くらい(笑)

プログラム別の料金

料金(税抜き)は以下通りです。

・入室金 15,400円

・レッスン料/月 A~Dクラス 15,400円
        Eクラス 17,380円

・教材費/月 1,100円

・管理費/月 550円

1回50分のレッスンを年間42回受けられます。

1カ月あたり3.5回なので、ほぼ週1回のペースでレッスンがあります。

すべての価格を含めて計算すると1回あたり16,238円です。

ビジネスをする側としては高単価でよいですね。

ベビーパークのフランチャイズで失敗しないコツ

ベビーパークのフランチャイズで失敗しないコツがあります。

投じた金額をしっかり回収できるかシミュレーションをする

これに尽きます。

フランチャイズするうえで重要なポイントをサクッと解説していきます。

ベビーパークのフランチャイズ開業までの流れ

ベビーパークのフランチャイズで開業する流れは以下の通り

10ステップまであります。

本部から受けられる具体的サポートは以下の通り。

・物件探し

・内装工事

・人材採用

・生徒募集

フランチャイズのオーナーは何をするの!?と思うくらい手厚いですよね。

まずは問い合わせから始めましょう。

>>>ベビーパークを詳しく見る

フランチャイズの開業にかかる費用

ざっくり約1800万円が必要です。

加盟金立上げ支援金900万円
BP加盟金500万円
KA加盟金40万円
物件取扱費敷金(4ヶ月分)80万円
開業前家賃(1.5ヶ月)30万円
仲介手数料(1ヶ月)20万円
外装・内装費130万円
レッスン備品83万円
事務所備品・消耗品67万円
合計1,850万円

東京都内を想定して賃料を20万円として試算しています。

「1800万円って高くない?」

と思う人もいますよね。

どれくらいの営業利益が見込めるのか、収益のシミュレーションをすることが失敗しないコツです。

収益イメージ

ベビーパークのフランチャイズの収益イメージは以下の通り。

生徒数90名100名120名130名140名
売上124万円138万円166万円181万円192万円
営業利益3万円11万円28万円36万円42万円
利回り1.8%6.6%16.8%21.6%25.2%

試算にあたっては条件を厳しくして、賃料を30万円、初期投資額2000万円としています。

100名の生徒を集めた場合、年間の営業利益は 11万円×12カ月=132万円/年。

生徒を140名集めると42万円×12カ月=504万円/年の営業利益になるイメージです。

つまり、生徒数をいかに効率的に集めるかが失敗を回避するコツと言えます。

買取保証制度(3年経過時に黒字化していない場合)

ベビーパークのフランチャイズでは、3年経過時に黒字化していない店舗を本部が買い取る保証制度が用意されています。

本部が担う集客面で上手くいかなかったとしても、買取保証制度があるので安心して取り組むことができます。

ベビーパークの評判

続いて利用者の立場からのベビーパークの評判を見ていきましょう。

良い点だけではなく、悪い点もしっかいチェックしてください。

フランチャイズ化するときに外しちゃいけないポイントを解説していきます。

内容は良いけど値段が高い

内容や評判もいいだけあって高いという口コミ。

価格を上回る価値をしっかり訴求するのが重要です。

紹介がお得

https://twitter.com/nanatsukoikoi/status/1387240316806201349

人から紹介を受けて入会するとお得に受講できます。

販売促進は本部がサポートしてくれますが、フランチャイズするオーナーの腕の見せ所になります。

講師の先生が素敵

価格を上回る価値は講師の質

これに尽きます。

でもベビーパークのフランチャイズなら講師の手配は本部がしてくれるから安心です。

ベビーパークフランチャイズはこんな人におすすめ

ベビーパークのフランチャイズに向いている人は以下の通り。

将来性のある事業をしたい

なるべく企業のリスクを下げたい   

詳しく解説していきます。

将来性のある事業をしたい

未来のある子どもの役に立ちたいと思う人にベビーパークは向いています。

少子高齢化と言われていますが、あまり知られていないビジネスチャンスが隠れています

子どもひとり当たりの教育費が上げられ、良いビジネスになり得ます。

なるべく起業のリスクを下げたい

起業で失敗するリスクを下げたい人にフランチャイズは向いています。

なぜなら本部の手厚いサポートがあるから。

ひとりでは手が回りづらい人材採用や生徒募集までサポートしてくれます。

まとめ

ベビーパークのフランチャイズで失敗しないコツは初期費用をしっかり回収できるかを見極めること。

生徒数をいかに効率的に集められるかがポイントですが、3年経過時に黒字化していない店舗を本部が買い取る保証制度が用意されています。

失敗しないコツが分かったので、次は「フランチャイズ化の具体的な手順を知りたいな!」と思いましたよね。

詳しくはベビーパークのホームページをチェックしてみましょう。

>>>ベビーパークを詳しく見る