NISAの投資っておすすめなの?儲かるの?【5年間の実績を公開】

投資を始めたいと思っているあなた。

「何かおすすめの投資ってないかな」

「NISAってよく聞くけど儲かるの?」こんな疑問に答えます。

本記事の結論

この記事を読むとNISAで投資すると儲かることがわかります。

本記事の信頼性

この記事を書いている私はエリートサラリーマンをしながら、投資家でもあります。

NISAの制度が始まった2014年から5年間投資をしています。その結果に基づいているので信頼性があると思います。

NISAとは?

NISA (Nippon Individual Savings Account)は「少額投資非課税制度」の愛称です。 日本では2014年に導入されました。

イギリスの個人貯蓄口座であるISAをモデルにしています。イギリスでは1999年に制度が開始され、成人の約半分が口座を保有しています。

投資の利益が非課税になる制度

NISAの最大のメリットは投資で得た利益が非課税になること。

従来は投資で得た利益には20%の税金を支払う必要がありました。NISAでは税金を支払う必要がないんです。

個人が投資をするならNISAは絶対に選ぶべき手段です。

年間120万円まで投資ができる

NISA口座を開設すると、年間120万円まで投資ができます。2014年は年間100万が上限でしたが、2016年に120万円に上限が拡大されました。

120万円という金額が少額投資言われる所以です。我々のような一般人が投資するには十分な金額です。

NISAって儲かるの?国のデータを紹介

金融庁が公開しているNISA制度の効果検証結果を紹介します。

これを見ると67%の人が利益を出せていることがわかります。

NISA制度の効果検証結果 (金融庁)

さらに30%未満の利益を出せている人が全体の47%もいることがわかります。

NISA制度の効果検証結果 (金融庁)

次に私が実際にいくら儲けているかを紹介します。

5年間の実績を公開~NISAは儲かるの?~

NISAで投資すると儲かるの?

はい、儲かります。なぜなら私はNISAを使って投資信託を5年間(2014年~)、毎月買い続けてきました。

その結果、 資産額280万円、利益は23万円を達成することができました。

利率は8.2%でした。一般的に利率・金利は

  • 株式6%
  • 債権4%
  • 銀行預金 0.001%

と言われています。これらと比較すると儲かると言えます。

儲かる投資の方法

儲かる投資の方法は分散積立投資です。ドル-コスト平均法ともいいます。

私の場合、5つの投資信託に毎月一定の金額を買い続ける。金額が上がっても下がっても気にずほったらかしする。これだけです。

初心者は以下を参考にして積立金額を決めるのがおすすめです。なぜなら私が実践してきた内容だから(笑)

  • 初心者:1,000円 × 5銘柄 = 5,000円
  • 中級者:5,000円 × 5銘柄 = 25,000円
  • 上級者:9,000円 ×  5銘柄  = 45,000円

1,000ずつなら怖くないですね。

NISAは損しないの?

投資するあなたの1番の心配は損しないか?という点でしょう。ドル-コスト平均法を5年間実践した結果、損はしませんでした

チャートでは一時期トータルリターンが0を下回る、つまり赤字の時がありました。しかし、ほんの一時であとはずーと黒字を維持しています。

赤字が出ても気にしない

人は感情でお金をコントロールする生き物です。これが投資で失敗する最大の要因です。なぜなら感情が入ると人は合理的な判断ができないから。

例えば資産がマイナスになっていると誰もがひやひやします。「もう売っちゃった方がいいかな…」と考えます。

ドル-コスト平均法では赤字になっているとき=価格が低い時こそ買い足すチャンスです。なぜならお買い得だからです。

なので評価額が赤字になっても気にすることなく淡々と毎月買い続ければいいんです。そうすると、価格が上がったときにあなたの資産評価額も大きくジャンプします。

まとめ

NISAは非課税なので、今資産を売却すれば23万円の利益がまるまる手に入ります。ぜひあなたもNISAを始めてこのメリットを享受してください。

投資の方法を学んだ体験をレビューしています。よかったらこちらの記事も参考にして下さい。

ファイナンシャルアカデミーの評判【実際に体験した私がレビュー】

8月 9, 2019